キッズ


子供は目からたくさんの物事を吸収し、成長していきます。
学習の中で文字が見え辛かったり、運動の時にものの動きを正確に捉えられなかったりすると成長の妨げになったり生活をする中でストレスを感じてしまいます。
また適切な時にメガネを装着しないと両目を使って物を見る能力が養われなかったり、後に充分な視力を得られない事もあります。

これから成長していくお子様へ、適切なメガネ選びを
ご提案させていただきます。

メガネに慣れていない場合嫌がらずにかけてもらえるように軽量なフレームを。

活発に動くお子様にはズレを防ぐためにサイズと掛け心地は最も重要です。

壊れて修理する場合や成長に合わせたサイズ調整などの対応についてはこちら。

子供メガネの保険適応について


平成18年4月1日より、9歳未満の子供さんの「斜視」「弱視」「先天性白内障術後」等の治療に必要であると医師が判断した場合に限り、眼鏡およびコンタクトレンズが治療費の支給対象となっております。

※給付額には上限があり、治療用ではなく視力矯正用とみなされた場合は、給付対象になりません。

※「アイパッチ」「フルネル膜プリズム」も給付の対象となりません。

保険適用の可否、手続きに関する詳細は、ご加入されている保険者へお問い合わせください。